なま絹手練り石けんの特徴

ゆたかな泡立ち

桐生絹せっけん工房で作られる石鹸の基本成分は、植物由来のオリーブ油、パーム油、ココナッツ油とそして希少な国産の繭から抽出したセリシンの4つから成り立っています。石油成分無添加、合成界面活性剤不使用で天然の素材から作られています。

泡立ち

多くの化学薬品を使えば簡単に泡立ちがよく、見た目もよい石鹸を作ることができますが、それでは「肌と人、自然に考慮したものづくり」 ができないと考えました。

「できないことも、あらゆる角度から挑戦し、必ず出来るようにする」という株式会社アートの思いから天然素材から泡立ちのよい石鹸を実現しました。

お肌にやさしい低刺激

なま絹手練り石けんには多くの天然由来の美容有効成分が含まれています。食用にもできる高品質なオリーブ油、パーム油、ココナッツ油を贅沢に使い、「コールドプロセス」と呼ばれる製法で石けんを作っています。

なま絹手練りせっけん

「コールドプロセス製法」は水や熱を使わず、製造・熟成までに長時間かかり、大量生産には向かない製法です。あえてそのような製法を取っているのは、原料に含まれるビタミンやタンパク質などのお肌を整える美容有効成分が熱で失われることなくそのまま石けんに残し、お肌にやさしい石鹸を作るためです。

販売価格からは考えられないほど贅沢に配合されたうるおい成分

 なま絹手練り石けんには希少な日本製絹から抽出された保湿成分「セリシン」が贅沢に使用されています。

なま絹手練り石けんの製造元である株式会社アートは長年桐生市にて染色加工業を営みながら化粧品原材料を研究し、各種化粧品会社に原材料を卸してきました。染色技術を応用し、群馬県富岡産の繭から、有効成分(セリシン)を抽出する技術を開発し、そのセリシンを石けんに贅沢に使っています。

自分たちでセリシンを抽出しているからこそ、他社の石けんや市場価格から考えても驚くほどセリシンを贅沢に使用することを可能にしました。

なま絹手練り石けん

洗い上がりのしっとり感や乾燥肌対策、冬場の肌の粉ふき対策に効果を実感し、お客様から好評をいただいています。

セリシンの圧倒的な配合量、ご使用いただいているお客様の声、私たち(くーる&ほっと)が使用している経験からもやセリシンの効果を実感していただけると自信をもって販売しています。